PROFILE
LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
タグふれんず

ほわっぽ村

ほっとして 心がポッと 暖かくなる
 ハンディがある人もない人も集う、そんな村が「」ほわっぽ村」です
<< 東北の空に飛べ 竹とんぼ (その1) | main | 東北の空に飛べ 竹とんぼ(その3) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
東北の空に飛べ 竹とんぼ(その2)
  新千歳空港から花巻に飛ぶ。ジェットだが、小さくてマイクロバスに羽をつけたようだ。

 花巻駅に到着。花巻は、宮沢賢治の故郷だ。今度来た時にゆっくり記念館に寄ろう。


 花巻から一関に向かう列車からは水を張った水田が続く。桜は咲き終わり、桃の花が咲いている。
瓦屋根の家が目に付く。のどかな東北の山間が続く。


 

 気仙沼が終点。ここから先は線路が寸断されて不通になっている。
 
駅のベンチでおにぎりを食べていると2匹の犬を連れたおじさんが隣に座った。ボランティアに来たというと、案内してやると言う。地元の人なので、道々店先の人たちと挨拶を交わし、無事を確認しあう。駅から坂道を20分下ると港に出る。。水はここまで来た、この家は2階まで水が上がったと説明してくれる。市内に入るにつれ、被害がひどくなってくる。家はつぶれ、瓦礫と化し、車はひっくり返り、船が打ち上げられている。ほこりと魚のにおい、焼けた匂いが鼻につく。








 港に出る。大きな船が何隻も係留されている。おじさんは、昔造船所で働いていたと言うことで、この船もこの船もわしが作ったと誇らしげに教えてくれる。しかし、それらの船の多くは焼け焦げていた。気仙沼には対岸にがコンビナートがあり、地震と津波でタンクが倒れ、油が流失して多くの船に引火、強風にあおられて住宅街にも火が回り、気仙沼の町は灯の海に。おじさんは一晩中その光景を見ていたそうだ。

 

おじさんが連れている2匹の犬は震災孤児だ。柴犬は地震があった数日後ににうろうろしているところを引き取ったそうだ。名前は東北震災1号。ダックスフントは飼い主のおばあさんの遺体を見つけたそうだ。名前は弥太郎。2匹ともとっても大人しく、昔から一緒に買われていたみたいだった。。




 おじさんの家は高台にある。車で逃げようとする後ろから水が迫るが、渋滞で身動きが取れず波に飲み込まれる人がいた。「逃げろ逃げろ」と叫ぶしかなかったそうだ。




おじさんの家には椿の花が咲いていた。



 気仙沼から本吉まで臨時バスに乗る。見渡す限り瓦礫の山が続く。その間を縫うようにしてバスは走る。息を呑む光景だ。ボランティアの面々は誰も声を発するものはいなかった。1時間ほどで本吉総合体育館に到着。そこから迎えの車に乗り換える。幹線道路は橋が流されているので、山道を抜け、日が落ちた頃にやっと目的地の今朝磯の浜区避難場所のボランティアセンター(ボラセン)通称「はまセン」に到着する。



 手続きを済ませ、薄明かりの中、テントを張る。すでに30張りほどのテントがある。テントの中でコンビニで買ってきた弁当を食べる。明日からのことを考えると不安と興奮でなかなか寝付けなかった。その上、隣りのテントの住人の一人は巨大いびきの持ち主だった。夜中からはダブル攻撃になった。いびきをかく奴はどうして酒飲みで、大声で騒ぎ、尚且つ寝つきが早いんだろう。
 

| - | 09:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 09:06 | - | - |









http://akaisakuranbo.jugem.jp/trackback/110
どんなとこ
ほわっぽ村は福祉に関わるさまざまな人たちが集う場です。「ほわっぽ村」の精神は、障がいのある人もない人もみんながお互いを認め合い,助け合うことです。そして、愉快で楽しい人ならほわっぽ仲間です。 script type="text/javascript" src="http://jugem.jp/ticker/kaela.js">
ほわっぽ村では何をやってるの?
3つの目的があります。一つめには、作業を通じて働くことの喜びを知り社会参加を果たす。二つめに、毎日仲間と作業をし触れ合う事で仲間意識や社会性を養う。三つめに、作業以外の生活や余暇を過ごすことで人生に喜びと潤いを持つことです。余暇活動として、エアロビクスやミュージック活動、絵画教室を行っています。script type="text/javascript" src="http://jugem.jp/ticker/kaela.js">
どんな仕事をしているの?
自主作業ー陶芸(カップ、湯のみ、茶碗、どんぶり、皿、スープ皿、鉢、オブジェ)      和紙作業(ハガキ、レター、名刺、色紙)      フェルト作業(コースター、ストラップ、ヘアバンド、モビール)       刺繍Tシャツ・バッグ・巾着づくり     電線のリサイクル作業 委託作業ー公園の清掃、老人センターの清掃  freespaceーtitle3 
SEARCH THIS SITE.
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
OTHERS