PROFILE
LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
タグふれんず

ほわっぽ村

ほっとして 心がポッと 暖かくなる
 ハンディがある人もない人も集う、そんな村が「」ほわっぽ村」です
<< 東北の空に飛べ 竹とんぼ(その5) | main | 10周年パーティー >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
東北の空に飛べ 竹とんぼ(6)
  次の日は、作業グループのリーダーになった。ボランティアは2,3日で帰っていくので、2日もやると古株になり、リーダーをやらされる。今日のメンバーはオールジャパン。寡黙だが良く働く。二日間で日欧の文化の違いがわかった。
 でも、肌の色の違い、体のデカさの違い、言葉の違いはあっても、優しさは同じだね。


 5日目の朝が来た。いろいろなホーホケキョの鳴き声で目が覚める。正直、年季奉公がやっと終わった感じだ。カラダ的には、ケッコー悲鳴を上げていた。

 でも、充実した5日間だった。テレビや新聞で接していただけでは、平和な日常の中での限界があったと思う。現地に来たからこそ出来た体験があり、被災者の思いを共感でき、連帯感が生まれた。


東京から高校生が二人で来ていた。京都からバイクで飛ばして来た学校の先生がいた。大阪から70代の夫婦が「何も出来ませんが」と車で来ていた。茶髪のダボテンをはいた若者がいた。陽気な外国人も汗を流していた。さまざまな人がいたが、みな熱い心を持っていた。同じ心を持った人たちと一緒に空間を共有できる幸せを感じることが出来た。

 帰りも見渡す限り瓦礫の中をバスが走る。いつになったら復興できるのだろうか。


 気仙沼の三日町というバス停で降りる。降りたところにお菓子屋があったので中に入った。煎餅を買うと店のおばあさんが「ご苦労様でした、ありがとうございました。」と深々と頭を下げられた。そしてもう一箱煎餅をくれた。電車の中で食べてと餅もくれた。 目の奥が熱くなった。
 
ありがたく受け取り、リックに詰めてすばやく帰ろうと思ったが、リックはパンパンでなかなかチャックは閉まらない。中の荷物を出したり、足で踏んづけたり尻で抑えてようやく押し込み、かっこ悪く店を後にした。



 今回の事で多くの経験をした。学ぶことが多かった。行かなくてもいいかと考えもしたが、勇気を持って一歩を踏み出してよかったと思う。震災を通して、多くの人と話し、人の優しさに触れ、ちょっぴり日本を感じた。これからも被災地の復興をずっと見守っていきたいと思う。そして、いつかまた行ってみたいと思う。


| - | 18:37 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 18:37 | - | - |









http://akaisakuranbo.jugem.jp/trackback/115
どんなとこ
ほわっぽ村は福祉に関わるさまざまな人たちが集う場です。「ほわっぽ村」の精神は、障がいのある人もない人もみんながお互いを認め合い,助け合うことです。そして、愉快で楽しい人ならほわっぽ仲間です。 script type="text/javascript" src="http://jugem.jp/ticker/kaela.js">
ほわっぽ村では何をやってるの?
3つの目的があります。一つめには、作業を通じて働くことの喜びを知り社会参加を果たす。二つめに、毎日仲間と作業をし触れ合う事で仲間意識や社会性を養う。三つめに、作業以外の生活や余暇を過ごすことで人生に喜びと潤いを持つことです。余暇活動として、エアロビクスやミュージック活動、絵画教室を行っています。script type="text/javascript" src="http://jugem.jp/ticker/kaela.js">
どんな仕事をしているの?
自主作業ー陶芸(カップ、湯のみ、茶碗、どんぶり、皿、スープ皿、鉢、オブジェ)      和紙作業(ハガキ、レター、名刺、色紙)      フェルト作業(コースター、ストラップ、ヘアバンド、モビール)       刺繍Tシャツ・バッグ・巾着づくり     電線のリサイクル作業 委託作業ー公園の清掃、老人センターの清掃  freespaceーtitle3 
SEARCH THIS SITE.
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
OTHERS